エンコーダとは

高精度の位置制御を可能にするエンコーダ

エンコーダは電子部品に分類され、回転および水平移動する機器や装置の移動量や角度を検出し、電気信号を出力するセンサーです。
一般的にはモーターと組合わせて使用し、モーターの回転方向や位置、回転数を制御します。
高精度の制御を得意とするため、事務機器・工作機械や工業用ロボット等に広く使われています。
近年では反射型エンコーダを活用し、対応が難しい超小型のアクチュエータへの採用も増え、省スペースを必要とする協働ロボット等にも活用されています。

<エンコーダーの種類>

電気信号の検出原理

光学式エンコーダ:高精度・高磁場に対応。
磁気式エンコーダ:シンプルでコンパクトな設計。耐久性が高い。

電気信号の検出タイプ

リニアエンコーダ:直線軸移動を計測し、位置情報として出力。
ロータリーエンコーダ:回転移動(角度)を計測し、位置情報として出力。

出力方式

相対的な位置を測定する
「インクリメンタル型」

インクリメンタル型

任意の始点からスタートして定期的なパターンで数え、移動量に応じてパルスを出力。

絶対的な位置を測定する
「アブソリュート型」

アブソリュート型

原点からの絶対位置をエンコーダの回転角度で検出し、データを出力。

 
 

フォトインタラプタとは

フォトインタラプタとは

モーターの回転数を計測するためのエンコーダーディスクは、説明図のコの字型の部品の間に取り付けられます。このコの字型の部品が「フォトインタラプタ」と呼ばれています。
フォトインタラプタには、赤外線LEDとフォトICがディスクを挟むように配置されています。赤外線を照射し、LED光がディスクのスリット穴を通過した回数を計測します。

ページトップへ